INFORMATION & COLUMN

Maxim of writers

最近は冷ややかな北風を感じるようになり
いよいよ秋も終焉に近づいてまいりました。
“秋の夜長”と言いますが、皆さんは秋の夜をどのようにお過ごしでしょうか。
ぐっと冷え込みが厳しくなってきた最近、私はひたすら家にこもって読書の日々を送っています。

本日、11月11日。世界平和記念日ですね。
そして、ロシアの文豪ドストエフスキーの生誕日です。
皆さんは読んだことがありますか?
私は学生時代にはまりにはまって、憑りつかれたように読みふけりました。
独特な作風は深く、どこまでも深く、時に非常に難解であり
主観で例えさせて頂くと、アメリカでいうヘミングウェイ、日本でいう太宰治といったところでしょうか。
それぞれの作品が好きだという方には是非一度ドストエフスキーも読んでいただきたいです。
世界中の名だたる作家・クリエイターにも数多くの影響を及ぼした彼の作品は
今も尚、名作として語り継がれています。

日本語訳も様々なバージョンが出版されており
敷居の高さを感じさせないポップな表紙で手に取りやすいものも多く出ています。

カラマーゾフ上dofutoefusukiカラマーゾフ下

罪と罰_JPN罪と罰下

そんな彼の名言に次の一言があります。

『コロンブスが幸福であったのは、彼がアメリカを発見した時ではなく、それを発見しつつあった時である。
   幸福とは生活の絶え間なき永遠の探究であるのであって、断じて発見にあるのではない――。』

核心をついた言葉ですよね。
何事も、考えて、悩み迷って、試行錯誤していく過程に喜びを感じるものです。

Individualized Shirtsのトランクショーを開催している時にも、いつもそのことを実感します。
多くのお客様は「世界に一つだけのシャツ」を作ることを楽しみに
生地を選んだり、襟型を選んだり、サイズ感を調整したり…。
多くのお客様が“選ぶ”という過程を本当に楽しんでくださっております。

秋の夜長にドストエフスキーを読みながらこの名言を思いだし、
私たちもお客様お一人お一人の“楽しみ”をさらに素晴らしいものにできるよう
これからもより質の高いサービスをご提供していきたい、と心にそっと誓いました――。

お客様がシャツを作っている間も、シャツの到着を心待ちにしている間も
昂揚感にあふれたスペシャルなサービスをお届けできるようこれからも精進してまいります!

Shimamura