INFORMATION & COLUMN

Happy Holidays!!

メリークリスマス!
と口をついて出てしまう程街中クリスマスムード一色!!

皆さんはどのようにお過ごしでしょうか?

私は焼き肉を食べに行きました。
今年は私の元にもサンタクロースがやってきて
久々に朝起きたら枕元にクリスマスプレゼントドッキリ!という経験をしました。

__

プレゼントの中身は「蒸気レス電気魔法瓶 とく子さん」。
―――実用的で嬉しかったです。
2012年にはキッズデザイン賞を受賞した代物だそうで、夢もいっぱいです。

所変わってアメリカではNORAD(北米航空宇宙防衛司令軍)がサンタクロースを追跡していることを御存じでしょうか?
普段は弾道ミサイル等宇宙の警戒監視等の軍事活動を行っている組織ですが、
この時期特殊任務として、人口衛星を駆使しサンタクロースを追跡します。

NORADの報告によると、サンタクロースは日本時間の24日18時を過ぎたころ
6万トンあまりのプレゼントをトナカイのソリに積みこんで北極を出発。
その後南下してロシアでプレゼントを配り、太平洋を縦断。
ニュージーランドを経由してアジア各国も回り
アフリカを経由してこの後アメリカに向かうようです。

なるほど、私の元にも今朝プレゼントが届いていたわけです。

元々NORADがこの追跡をはじめたのは、一人の少女の間違い電話から。
その歴史は1955年にまで遡ります。

かつてある企業が「サンタクロースに電話しよう!」という広告を出しました。
当然その広告にはサンタクロースへつながる電話番号が記載されていたのですが、
なんとその番号は間違ったもので、NORADの司令長官シャウプ大佐へ繋がる番号だったのです。
しかもその番号は超極秘作戦の番号。
普段絶対にならないその番号が初めて鳴り
あまりにも張りつめた緊張感の中受話器をとった大佐の耳に聞こえてきたのは、一人の女の子の声でした。

「サンタさん?」

初めは何の事だか分からなく困惑した長官も
震える少女の声に機転を利かせて、サンタクロースのふりをしたとのこと。

その後状況を理解した大佐は鳴り続ける電話に対応し続け
やがては部下も巻き込みサンタクロースの居場所をレーダーで確認させたそうです。

このことが伝統となり
今でもNORADはクリスマスになると、多くの人々に夢を与え続けています。

クリスマスにふさわしい、心温まるストーリー。

サンタクロースの現在の状況は、NORADのHP他、
YOUTUBEでも配信、その他Facebook、Twitter、Google+等のアカウントも開設されており
分刻みで居場所を特定することができます。

クリスマスを楽しんでいる方もそうでない方も
是非一度NORADの粋な心意気を感じてみてください!

Happy Holidays!!

Shimamura