INFORMATION & COLUMN

The University Button Down

今年の成人の日も寒い一日となりました。
日本も寒いですが、工場のあるアメリカも稀にみる大寒波で大変なことになっているみたいです。
工場は無事に稼働しているみたいですが、心配です、、、

さて、今回は表題にもあるThe University Button Downと呼ばれる衿型についてご紹介したいと思います。
INDIVIDUALIZED SHIRTSはボタンダウンの衿型でも十数種類の衿型を所有していますが、The Universityは現在お店で展開していただいているシャツのほとんどに付いている衿型になります。

特徴としては大きく挙げられる部分

羽衿のロール

台衿端のカッティング
※写真①がThe Univercsity、写真②がその他の衿型です。四角いカッティングはThe Universityのみに使用できる台衿になります。

写真①

写真②

写真のように、The Universityには様々な特徴がありますが、僕自身がこの衿型で一番好きな部分は衿腰が高い点です。
衿腰が高いと、カジュアルな素材を使用してもしっかりと衿の主張があり、シャツの持つエレガントな印象が崩れません。

また,秋冬だとガンジーセーターなどの首回りが詰まったセーターと合わせた際の衿の見え具合が丁度良いと思います。
※写真はANDERSEN-ANDERSENというデンマークのフィッシャーマンセーターです。

これが衿腰が低いとほとんど見えなくなってしまいます。
あくまで私見ですが、この手のニットにはこの見え具合が格好のよろしい見え具合ではないかと思っております。

今回はThe Universityのご紹介でしたが、INDIVIDUALIZED SHIRTSは数十種類の衿型を所有してます。
ボタンダウン型に限らず、The University以外にも魅了のある衿型が多数ございますので、また別の機会にご紹介させていただきます。

今週も寒い日が続くみたいです。
皆様、お体にはお気をつけてお過ごしくださいませ。

Yanagi