INFORMATION & COLUMN

テーラーメイド

こんにちは。
今日は少しマニアックなお話。

今もなおアメリカで1枚1枚、丁寧にカスタムシャツを作り続けているINDIVIDUALIZED SHIRTS。
そんな量産品ではない、テーラーメイドを自負するシャツ作りにおいて、
1つ欠かせない要素が、サイドシーム(前身頃と後身頃の縫製部分)の縫い方となっています。

サイドシーム

細巻縫い

細巻縫い

あまりじっくり見たことがある方は少ないかもしれませんが、
INDIVIDUALIZED SHIRTSが採用しているのが、この”細巻縫い”という仕様です。

シャツの縫い方にも様々な方法がありますが、
その中でも非常に細く、綺麗で、耐久性も踏まえた縫い方となっています。
しかしこの縫製技術は、通常の量産工場では非常に難しい方法で、市場でも限られた製品にしかみられません。
カスタムメイドのドレスシャツを作り続けてきたINDIVIDUALIZED SHIRTSだからこそ提供できる技です。
 

折り伏せ縫い

折り伏せ縫い

二本針チェーンステッチ

2本針チェーンステッチ

一般的なシャツには、こういった”折り伏せ縫い”や”2本針チェーンステッチ”といった
縫製を採用しているものを多くみかけます。

とてもマニアックな視点ですが、こういったポイントで商品を見比べてみると面白いと思います。
是非一度、店頭でINDIVIDUALIZED SHIRTSを手に取って、ご覧になって見て下さい!

Kato