INFORMATION & COLUMN

雑誌掲載情報-『GINZA-Olive』 3月12日発売 4月号-

『GINZA-Olive』 3月12日発売 4月号にレディースのシャツをご掲載頂きました。
記念すべき号にお声掛け頂けて大変光栄です。
書店にお立ち寄りの際は、是非チェックしてみてください。

IMG_0423

IMG_0420

『GINZA-Olive』 3月12日発売 4月号 P245
生地品番/N97LBP-L/1911 CHECK
品名/LADIES SMOCK SHIRT
価格/¥24,840 (tax in)

Press MASUDA

「JFK – その生涯と遺産」展

東京・竹橋駅にある国立公文書館で3月6日(金)からスタートした
「JFK – その生涯と遺産」展。

1961年、アメリカ合衆国の選挙により史上最も若い大統領に選ばれたジョン・F・ケネディ。

「Ask not what your country can do for you Ask what you can do for your country.」
“国家があなたに何をしてくれるのかを問うのではなく、
あなたがこの国のために何ができるかを問いなさい。”

アメリカ合衆国の新しい在り方を国民に示した若き大統領は、就任からたった2年10ヵ月余り、
43歳という若さで凶弾に倒れました。
短い任期の間にも多くの功績を残しただけでなく、一人の夫、そして父としての魅力も持ち、
今なおアメリカ国民に愛されています。

アメリカ・ボストンにある「ジョン・F・ケネディ大統領図書館・博物館」に残された
文書、写真、遺品など貴重な資料からその生涯と遺産を知ることができる展示会のようです。

開催は5月10日(日)まで。
”アメリカ”を語る上で欠かすことのできない人物であるジョン・F・ケネディを
より深く知ることができそうです。

150310

国立公文書館 http://www.archives.go.jp/

Sunabe

BEAMS PLUS トランクショー開催のお知らせ

インディビジュアライズド シャツ社の原点であるCUSTOM MADE SHIRTS。

生地を選び、サイズを合せ、世界にたった一枚のシャツをオーダーする
ことができるカスタムオーダー会「TRUNK SHOW」をBEAMS PLUS様にて
開催いたします。

- – - – - – - – - – - – - – - – - -

BEAMS PLUS 有楽町店

2015年3月
7日(土)/8日(日)/14日(土)/15日(日)

週末は当社メイデン・カンパニーのフィッターが
店頭で皆様のお手伝いをさせて頂きます。

詳細はBEAMS PLUS HPにてご案内いたしております。
http://www.beams.co.jp/news/detail/4535

- – - – - – - – - – - – - – - – - -

375755_659509927445367_563700180_n 1184774_659510214112005_284646882_n 1959601_659510084112018_1019790910_n

TRUNK SHOWとは…
http://www.individualizedshirts.jp/trunkshow/

Maiden Company

Pop up at EDIT. FOR LULU

editforlulu201501

明日、2015年2月6日(金)より2月22日(日)までEDIT.FOR LULU青山店&新宿店にて
インディビジュアライズド シャツのポップアップイベントが開催されます。
イベント用に企画して頂いた別注アイテムも明日より販売スタート予定です。

すでに春色に染まり始めた店頭へ、今年の1枚を探しに来てください。

——————————————-
INDIVIDUALIZED SHIRTS
POP UP at EDIT.FOR LULU
——————————————-

開催期間:2015年2月6日(金)~2月22日(日)
開催店舗:EDIT.FOR LULU 青山店/新宿店

EDIT.FOR LULU HP
http://editforlulu.jp/

海を越えて

ご存知の方も多いかと思いますが、INDIVIDUALIZED SHIRTSが作られているのは
アメリカ・ニュージャージー州パース・アンボイという
ニューヨーク州・マンハッタン島の対岸にある小さな街です。

日本から飛行機で行くとなるとおよそ12時間45分。
直線距離にすると約11,000㎞という一瞬では想像しにくい様な距離です。

そんな離れた土地のファクトリーで作られたシャツが出荷され、
空港で飛行機に積まれ、12時間45分もの飛行時間を経て
11,000km離れたこの日本にやってきます。

今、皆様に愛用して頂いているシャツは、全てこの土地で作られていて
これ程の時間と距離を経て来たと考えると、何だか少し特別な感情を抱きませんか?

間もなくINDIVIDUALIZED SHIRTS 2015 Spring-Summerの第一弾がデリバリーされます。
定番的な生地にあたるOxford系が中心になりますので、
初めて手に取る方もいらっしゃるかもしれません。

普段何気なく見ているものや使っているもののルーツや背景を知ると、
より愛着が湧く様に、皆様がINDIVIDUALIZED SHIRTSを更に好きになる
きっかけのひとつになれたら幸いです。

a0960_004608_m

Masuda

テーラーメイド

こんにちは。
今日は少しマニアックなお話。

今もなおアメリカで1枚1枚、丁寧にカスタムシャツを作り続けているINDIVIDUALIZED SHIRTS。
そんな量産品ではない、テーラーメイドを自負するシャツ作りにおいて、
1つ欠かせない要素が、サイドシーム(前身頃と後身頃の縫製部分)の縫い方となっています。

サイドシーム

細巻縫い

細巻縫い

あまりじっくり見たことがある方は少ないかもしれませんが、
INDIVIDUALIZED SHIRTSが採用しているのが、この”細巻縫い”という仕様です。

シャツの縫い方にも様々な方法がありますが、
その中でも非常に細く、綺麗で、耐久性も踏まえた縫い方となっています。
しかしこの縫製技術は、通常の量産工場では非常に難しい方法で、市場でも限られた製品にしかみられません。
カスタムメイドのドレスシャツを作り続けてきたINDIVIDUALIZED SHIRTSだからこそ提供できる技です。
 

折り伏せ縫い

折り伏せ縫い

二本針チェーンステッチ

2本針チェーンステッチ

一般的なシャツには、こういった”折り伏せ縫い”や”2本針チェーンステッチ”といった
縫製を採用しているものを多くみかけます。

とてもマニアックな視点ですが、こういったポイントで商品を見比べてみると面白いと思います。
是非一度、店頭でINDIVIDUALIZED SHIRTSを手に取って、ご覧になって見て下さい!

Kato

2015

新年明けましておめでとうございます。
旧年はインディビジュアライズド シャツをご愛顧頂きありがとうございました。

2015年も皆様にとりまして素晴らしい一年となりますよう心よりお祈り申し上げます。
また、インディビジュアライズド シャツを含め、皆様に感動して頂ける素晴らしい
プロダクツをご提供するべく、全社上げて取組んでまいります。

春はもうすぐです…。
シャツが恋しくなってきます。

http://www.individualizedshirts.com/history/

20151


株式会社 メイデン・カンパニー
代表 加藤 東太

Happy Holidays!!

メリークリスマス!
と口をついて出てしまう程街中クリスマスムード一色!!

皆さんはどのようにお過ごしでしょうか?

私は焼き肉を食べに行きました。
今年は私の元にもサンタクロースがやってきて
久々に朝起きたら枕元にクリスマスプレゼントドッキリ!という経験をしました。

__

プレゼントの中身は「蒸気レス電気魔法瓶 とく子さん」。
―――実用的で嬉しかったです。
2012年にはキッズデザイン賞を受賞した代物だそうで、夢もいっぱいです。

所変わってアメリカではNORAD(北米航空宇宙防衛司令軍)がサンタクロースを追跡していることを御存じでしょうか?
普段は弾道ミサイル等宇宙の警戒監視等の軍事活動を行っている組織ですが、
この時期特殊任務として、人口衛星を駆使しサンタクロースを追跡します。

NORADの報告によると、サンタクロースは日本時間の24日18時を過ぎたころ
6万トンあまりのプレゼントをトナカイのソリに積みこんで北極を出発。
その後南下してロシアでプレゼントを配り、太平洋を縦断。
ニュージーランドを経由してアジア各国も回り
アフリカを経由してこの後アメリカに向かうようです。

なるほど、私の元にも今朝プレゼントが届いていたわけです。

元々NORADがこの追跡をはじめたのは、一人の少女の間違い電話から。
その歴史は1955年にまで遡ります。

かつてある企業が「サンタクロースに電話しよう!」という広告を出しました。
当然その広告にはサンタクロースへつながる電話番号が記載されていたのですが、
なんとその番号は間違ったもので、NORADの司令長官シャウプ大佐へ繋がる番号だったのです。
しかもその番号は超極秘作戦の番号。
普段絶対にならないその番号が初めて鳴り
あまりにも張りつめた緊張感の中受話器をとった大佐の耳に聞こえてきたのは、一人の女の子の声でした。

「サンタさん?」

初めは何の事だか分からなく困惑した長官も
震える少女の声に機転を利かせて、サンタクロースのふりをしたとのこと。

その後状況を理解した大佐は鳴り続ける電話に対応し続け
やがては部下も巻き込みサンタクロースの居場所をレーダーで確認させたそうです。

このことが伝統となり
今でもNORADはクリスマスになると、多くの人々に夢を与え続けています。

クリスマスにふさわしい、心温まるストーリー。

サンタクロースの現在の状況は、NORADのHP他、
YOUTUBEでも配信、その他Facebook、Twitter、Google+等のアカウントも開設されており
分刻みで居場所を特定することができます。

クリスマスを楽しんでいる方もそうでない方も
是非一度NORADの粋な心意気を感じてみてください!

Happy Holidays!!

Shimamura

BLACK MESSIAH

こんにちは。

12月に入って仕事中にラジオから流れる音楽が
クリスマスソンング一色で少し嫌気がさしてきた12月15日…。

遂にディアンジェロの新作が14年振りにiTunesにて配信されました。
久しく新しいCDを購入していませんでしたが、ディアンジェロの新作
となっては必ず聴かなければなりません。

クリスマスムード一杯の12月にブラックメサイアという
何とも意味深なこのアルバム必聴です。

dangelo

HOSAKA

アーカイヴの魅力

冬到来!
私はネルチェックシャツが着たくなる季節でもあります。

INDIVIDUALIZED SHIRTSで使用しているネルシャツは
歴史ある過去の生地スワッチが保存されているアーカイヴから復刻したもので作られており、
スワッチの古くは1800年代初期~近年のものまでが部屋いっぱいに保存されています。

2014年秋冬は1869年に存在していた生地から復刻しているのですが、
はたしてその時代はどんなファッションだったのか…?
更には、チェックシャツは存在していたのか…?

少し年代は先になりますが、1901年アメリカントラディッショナルファッションの源となる
イギリスを舞台にした『Finding Neverland』という映画、私の好きな映画なのですが、
ファッションやファブリックを意識して改めて見ると、男性は皆白シャツでした。

恐らくこのあたりの年代には、まだシャツとしては存在していなく、
ブランケットやカーテン、キッチンクロスとして生地が残っていたと言われています。

finding-neverland

11

20101015144849b6c

TVやネット類のデジタルなツールの無い、アナログの時代、
そんな時代に存在していた生地だからか、とても暖かみを感じられるところが魅力的です。
そして、”ありそうで無い”独特な色やパターン。

袖を通す際、歴史をまとう味わいも感じて頂ければ幸いです。

Masuda

Page 5 of 13« First...34567...10...Last »