INFORMATION & COLUMN

NYのONIGIRI-YA!

先日、NYへ出張に行ってきたのですが、日本の味があることに感動しました。ポテトサラダ付!

__ 1

HANAMIZUKI CAFEというブロードウェイにあるおにぎり屋さんです。
味はうめ、わかめなどの馴染みのある味もあります。
種類は、きのこ、すきやき、うなぎ、ハワイアン(スパム)、イタリアン(?)、など。

__ 5 __ 3

店内はとても天井が高く落ち着いた雰囲気のお店です。

__ 2 __ 4

食べ慣れている味はホッとしますよね。

YANASE

アメリカより生地が届きました。

5月も半ば。日も長くなってきまして、特に日中は暑さも増してきましたね。
夏が一歩一歩、近づいているのを感じます。
そろそろシャツも、リネン素材の出番といったところでしょうか。
インディビジュアライズド シャツのリネンシャツも、すでに店頭でも展開されていますので
是非ご覧になってみて下さい。

今日は、つい先日アメリカから届きました、トランクショー用の追加の新しい生地をご紹介致します。

__ 2

こちらは無地のラインナップ。明るめで、シャリ感のある生地など、複数追加となっております。

__ 1

こちらは柄地のラインナップ。こちらも明めの色を多く組み合わせたチェック柄が複数加わっております。
Individualized Shirts社では、常時ストック用の生地が変動していまして、在庫切れで無くなってしまうものもあれば、
また追加で加わるもの多くございます。
ですので、生地との出会いは一期一会。
これだと思った生地に出会った際は、お見逃しなさいませんように!

今週末は、Beauty&Youth Harajuku Men’s Storeで、トランクショーを開催しております。

Exif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTURE

お近くまでお越しの際は、是非に店頭まで足を運んでみて下さい。
驚くほどの生地をご用意してお待ちしております。
皆さま、よい週末を!

——————–

TRUNK SHOW at Beauty&Youth Harajuku Men’s Store
2014年5月12日(月)~5月19日(月)

http://www.individualizedshirts.jp/info/schedule/beautyyouth-united-arrows-harajuku-mens-store-2/

——————–

Kato

 

Custom by Beauty & Youth United Arrows Staff No.2

本日は昨日に続き、来週5月12日(月)からスタートするBeauty&Youth United Arrows Harajuku Men’s Store様
でのトランクショーに先駆けスタッフの皆様がこれまでのトランクショーでオーダーしてくださった自慢の
インディビジュアライズド シャツをご紹介いたします。

では、さっそく。。。

多田さんのオーダー。
by9

ピンポイントオックスフォード生地のパープルで、バンドカラー&フラップポケットの仕様です。
このスタイルは店頭ではなかなかお目にかかれないスタイルかと思います。
そしてもう一つが、タッタソールチェック生地のブリティッシュスプレッドカラー仕様。
こちらもインディビ=ボタンダウンのイメージが強い方には新鮮なスタイルではないでしょうか。

by91

そして最後の大取を飾るのは酒井さんのオーダー。

by93

酒井さんのオーダーは、襟型とボタン使いが特徴的です。
左からビッグギンガムチェックのグリーンはニューボンドBD、
グレンチェックはラウンドBDで、スモークボタン、
タータンチェックはニューボンドBD & フラップポケット、同じくスモークボタン
の仕様になっております。

by96

by94 by95

酒井さんのオーダーはまだ続きます。。。
本当はもっとオーダーしてくださっているのですが、今回は特に個性的で坂井さんらしい、
そしてこれからオーダーをされる皆様の参考になりそうなシャツを選ばせていただきました。

by92

左からカラフルなチェック柄は、ホーンボタンで右カフスにイニシャルの赤い刺繍。
ブルー×サックスのストライプはかくしBDという、玄人好みの襟型仕様。
シャンブレーはスモークボタン & Vヘムポケット、ポケットの下にイニシャルの白い刺繍。

by98 by97

by99

掲載画像はクリックしていただくと全て拡大画像がご覧いただけます。

トランクショーでは、今回ご紹介したシャツで使用されている生地や襟型、ポケット型以外にも
たくさんの種類があります。
特にご用意している生地の種類は毎回少しずつですが異なりますので、生地選びはトランクショーの中でも
一番の醍醐味だと言えるのではないでしょうか。

ぜひ皆様にはトランクショーの時間を楽しんで頂けたらと思います。

Hosaka

Custom by Beauty & Youth United Arrows Staff

来週、5月12日(月)からスタートするBeauty&Youth United Arrows Harajuku Men’s Store様
でのトランクショー。なんと7回目の開催となるのですが、今回はこれまでのトランクショーで
スタッフの皆様がオーダーしてくださった自慢のインディビジュアライズド シャツを今日・明日の
2日間でご紹介したいと思います。

さっそくまずは、中村さんのオーダー。

by1

爽やかなブルー系チェックとツイール生地のグラフチェックで、ポイントは襟型。
“ニューボンドBD”という襟の先に少しだけ丸みを持たせた襟型を選ばれています。

by2

そして松下さんのオーダー。

by3

ベンガルストライプのサックスは中村さんと同じ”ニューボンドBD”の仕様、
そしてタッタソールチェックは、通常このチェック柄の場合ブロード素材が使われている
ものが多いところ、オックスフォード生地のタッタソールチェックという通なセレクトです。

by4

続きまして、井元さんのオーダー。

by7

形はいたって普通のスタンダードフィットです。
しかし↓こちらの写真を見てください。左が井元さんがオーダーされたシャツで、
右が通常のスタンダードフィットの15Hサイズになります。井元さんご本人をご存知
の方もいらっしゃるかと思いますが、小柄な方なのでご自身のジャストサイズで
オーダーをされました。
小柄な方にも体格の良い方にも合うサイズをオーダーできるのは当ブランドの魅力の
一つかと思います。

by8

そして本日の最後、武井さんのオーダー。

by5

形はベーシックですが、インディビの定番やシーズンコレクションには登場しないような
きれいめのストライプ2種類をセレクト。

by6

明日は多田さんと坂井さんのオーダーをご紹介します!
お楽しみに!

Hosaka

内側までカスタムオーダー

こんにちは!

皆さん、長いGWは満喫しましたでしょうか?
今日が休み明けでエンジンがかからない人も多いのではないでしょうか(笑)
そんな時は、トランクショーのことを考えましょう!

次は5月12日(月)~5月19日(月)の予定で、
東京・原宿にあるBeauty&Youth Harajuku Men’s Store様にて、トランクショーを開催致します!
もう毎年恒例となりつつあるイベントで、楽しみにお待ち頂いているお客様も多いのではないでしょうか。
今年も2Fの奥の間にて、お待ちしております!

 

さて、今日はシャツの内側をご紹介させて頂きたいと思います。
内側とは何ぞや?とお思いかと思いますが、隠れた主役 “ライニング”(日本語で芯地ですね!)について、ご存知でしょうか?

indivi_ining

写真の様に、普通ドレスシャツには衿とカフスに、この“ライニング”(写真の白い生地)を入れることが基本となっています。
その理由としては、主に、生地だけだと柔らかくなりすぎ、輪郭も崩れてしまう為、それを補うために補強も込めて、
生地の間にはさみ込みます。
スーツを羽織ることを前提に、最も表側に出る衿とカフスが、綺麗に仕上がるような構造になっているわけです。

現代の量産のシャツでは、接着剤付きの芯地(アイロンの熱でくっつくので、作業が楽になります)の場合もありますが、
Individualized Shirts社では、創業当時より変わらず“フラシ芯”というタイプのライニングを使用しています。
こちらの方が、縫製の作業は難しくなるのですが、仕上がった時の雰囲気が、段違いに良くなります。
Individualized Shirtsに使用されているLite Liningは、洗いを繰り返す度に表の生地と馴染んでいき、独特の風合いを醸し出します。
特に、定番のUniversity Button Downとの相性がよく、衿のパターンと相まって、
あの綺麗なロールが生み出されるわけです。

 

しかし、本国でご用意しているライニングは、このLite Liningだけではありません!
トランクショーでは、実は他にも複数種類のライニングが、好みによって選べます!!

お客様の中には、本格的なドレスシャツをご要望の方もおります。
その場合、Regular Lining(硬め)やFuse Lining(かなり硬め)といった、普段は珍しいライニングもご提案しております。
やはり、ドレスシャツでレギュラーカラーになりますと、衿の表情もかっちりとしたものが好まれますから、
硬いライニングを入れる事によって、よりかっちりとした輪郭のシャツに仕上がるわけです。
またその逆に、ライニングを入れないことにより、本当にカジュアルなシャツを作るということもできます。
もう思いのまま!!!

こんな内側までカスタムできるシャツです。
是非、トランクショーまでお越しになって、体験して見て下さい!

——————–

TRUNK SHOW at Beauty&Youth Harajuku Men’s Store
2014年5月12日(月)~5月19日(月)

http://www.individualizedshirts.jp/info/schedule/beautyyouth-united-arrows-harajuku-mens-store-2/

——————–

Kato

SEEK&FIND トランクショー

こんにちは。

度々ではありますが、5月3日(土)~5月9日(金)まで
東京・吉祥寺のセレクトショップ”SEEK&FIND”でトランクショーを開催します。
今回はINDIVIのトランクショーのカスタムの裏ワザを書こうと思います。

先ずこれは私物のギャルソンシャツですが、(すみませんかなりのミーハーです)このシャツを
見ると前立てが無く、襟の部分のステッチをよく見ると襟の際にステッチが施されていて、背中
はサイドにプリーツが入っています。

__ 1 __ 2

これはINDIVIではエッジステッチという仕様になります。前立て部分も無い仕様になっていますが、
INDIVIではフレンチフロントという仕様になります。そして背中のプリーツ部分はセンターでは無く
サイドに入っていますが、INDIVIではショルダープリーツという仕様になりヨーク部分が縦割りになるのが特徴です。

__ 3 __ 4

こういった仕様に変更するだけで全く雰囲気の違ったシャツが出来上がります。
個人的には何となくヨーロッパっぽいシャツの雰囲気かななんて思います。
アメリカのシャツにそんなディテールは邪道だよ!なんて声も聞こえてきそうですが、一枚は前
立てありの王道BDシャツ、もう一枚はこのようなディテールでオーダーなんてのも良いんじゃない
かと思います。是非自分だけのシャツを作りに”SEEK&FIND”へ遊びに来て下さい。

———-
TRUNK SHOW at SEEK&FIND
2014年5月3日(土)~5月9日(金)
http://www.individualizedshirts.jp/info/schedule/seekfind/
———-

HOSAKA

ピースツリー トランクショー

こんにちは。

4月26日(土)~4月30日(水)まで群馬県高崎市にある”ピースツリー”という
セレクトショップにてトランクショーを開催いたします。
そこでお店を知らない方も多いと思うので、ピースツリーさんのお店を紹介したいと思います。
実はこのお店のオーナーは私の前職でお世話になった会社の先輩で、私がとても尊敬している
お二人が2009年に始めたショップです。ファッション業界の人達からもとても信頼のあるお店なのです。

pt1 pt2

場所は高崎駅から車で10分ほど離れた国道の環状線沿いで、駅から歩いて行ける場所では
ないですが、それでも行く価値のある、とても素敵なお店です。
実際にどんなお店なのか………?

メンズ・レディース国内外のセレクトを中心に、倉庫をリノベーションした場所に古着、家具、
アンティーク雑貨が並べられ、パタゴニア、アークテリクスを中心としたアウトドアウエアを
充実したコーナーもあります。

pt3 pt4 pt5
pt6 pt7 pt8
pt9 pt10 pt11
pt12 pt13 pt14

これだけでも見応え十分ですが、地域に密着したお店作りをコンセプトにしているので、他業種と
の人達との接点も多く、フラワーショップとの提携で観葉植物が並べられたり、家具職人とコラボレ
ーションしたオリジナル家具、ハンバーグ屋さんが駐車場のスペースで手作りのハンバーガーを
販売したり、店内ではコーヒーを飲みながらスタッフとお客さんが洋服や趣味の話に盛り上がっ
て、気付いたら2時間、3時間滞在していた。そんな感じで皆お客さんが時間を忘れて過ごしてし
まうお店なんです。そんなお店だからお客さんとのコミュニケーションを第一に考え、対面販売に
こだわり、通信販売やネット販売をやらない姿勢がこのご時世にとても凄い事だなと感心してしまいます。

トランクショーはもちろんなのですが、このブログを通してピースツリーさんというお店を知っていただき
実際にお店に行って、ピースツリー凄く良かったです。なんて共感してくれる人が一人でもいたらと
ても嬉しいです。

HOSAKA

長崎ちゃんぽん

先日もお伝えしましたが、長崎のチベタンマーケット様でトランクショー開催致しました。
雨の中お越しいただいた方、オーダーいただいた方々はありがとうございました!
長崎在住で、残念ながら今年はオーダー出来なかったという方は、来年も開催(予定)致しますのでよろしくお願い致します!

で、今回は表題の通り『ちゃんぽん』を紹介します。
一年を通して日本全国様々な地域でTRUNK SHOWを開催しています。
INDIVIDUALIZED SHIRTSのファンの方々と直接お話しが出来るというのも楽しみですが、その地域の料理を食すというのも楽しみの一つでございます。

そして、長崎といえばもちろんちゃんぽんでしょう!!!

さまざまなリサーチの結果、江山楼に行ってきました。

~ 魔法の鍋がこの店にはある ~
江山楼テーマソング『秘伝』より

創業60年余り、(INDIVIDUALIZED SHIRTSと同年代です)長崎中華街の小さなお店から始まった同店ですが、現在は長崎県内に5店舗も構える有名店になっております。
※テーマソングの作詞作曲はさだまさし氏!

写真の通り、海鮮をメインに具だくさんでボリュームがあるのですが、あっさりしたスープで、飽きのこない味に仕上がっております。
途中でお店特製のお酢を加えると違った味も楽しめます。
私は特上ちゃんぽんをおいしくいただきました。

来年は皿うどんを食べたいと思います。

江山楼
•営業時間 / 11:00am~9:00pm
•ラストオーダー / 8:30pm
•場所 / 長崎市新地町12-2
•電話 / 095-821-3735 (代)
http://www.kouzanrou.com/

Yanagi

Store紹介 “SUN HOUSE”

こんにちは。
このスタッフコラムを見て頂いている皆さまに、全国のインディビジュアライズドシャツ取扱店様を
紹介すべくこのページに「store」というカテゴリーを作ってみました!
SHOPページの方で、各取扱店舗のHPへリンクを貼っていますが、
このページでは僕たちが感じている、取扱店舗様の魅力も同時にお伝えできたらと思っています。

さっそく1店舗目は…
東京/上野にあります《 SUN HOUSE / サンハウス 》さんをご紹介します。

SUN HOUSEさんがある上野は、山手線/上野~御徒町間の高架下に沿った通称アメ屋横丁、
略してアメ横と呼ばれている商店街の中にあります。
戦後、上野駅を中心に闇市が行われるようになり、そこではアメリカ軍からの払下げ品などを中心に
食糧や衣類など戦後の人々が必要としていたものが出回っていたそうです。
なので”アメ横”の由来は、「アメ(飴)屋横丁」だけではなく「アメリカ横丁」の両方が混ざって
生まれた名称のようです。

その名残は戦後70年近い今も残り、商店街には生鮮品を売るお店もあれば、衣料品を売るお店もあり、
魚屋のとなりにアメカジの服屋があったりします。(初めて訪れる方には少し衝撃的かもしれません。)
東京と言うと、渋谷・新宿をはじめ最近は六本木や丸の内なども注目される場所で先進的なイメージが
強い気がしますが、アメ横は東京の人情を感じられる町の一つな気がします。

今回紹介するSUN HOUSEさんは、アメ横の中でも老舗のHINOYAさんが2010年にオープンしたお店です。
ヒノヤさんは元々新潟で創業し、戦後には東京へ移転、アメリカ軍の放出品から始まりその後アメリカからの
輸入品も扱うようになり今も変わらずジーンズを中心とした品揃えをするお店です。
「アメ横に古くからあるジーンズショップ」をコンセプトにSUN HOUSEさん含めアメ横に4店舗を構えています。

アメ横は商店街なので多くのお店が道に面してドーンと商品が陳列されているのですが、
SUN HOUSEさんはどんなお店なんだろう…と中を覗きたくなるような外観です。
まさに家の玄関のような雰囲気です。

お店の中に入ると所狭しと商品が置かれていて、あちこち気になってしまいます。
(画像をクリックすると少し大きめの画像を見る事が出来ます。)
アメ横に行かれた事のある方はご存知かと思いますが、アメ横と言うと=アメカジアイテム
というイメージが強い中でSUN HOUSEさんは良い意味でまわりのお店とは異なるブランドを
セレクトしているのがとても新鮮です。
(インディビの他に、JUNYA WATANABE COMME des GARCONS、Engineered Garments、
REMI RELIEF、KAPTAIN SUNSHINEなど)

そして今シーズン、SUN HOUSEさんのイチ推しブランドがBURGUS PLUS。
新作のアウター・ボトムスともにインディビとの相性抜群とのことで、コーディネイトしてくださいました。

白パンツ!イイですよね。春ですし!そしてもうすぐ夏ですし!
ちなみに、SUN HOUSEさんの母体であるHINOYAさんが今年65周年を迎えるそうです!
記念アイテムはSUN HOUSEさんでも発売予定のようなので期待が高まります!!!
是非皆さん上野・御徒町に行かれる際にはSUN HOUSEさん、そしてHINOYAさんにも足を運んでみてください。

この場を借りて、ご協力いただきましたSUN HOUSEの皆様にお礼申し上げます。

では!春爛漫で買い物意欲もわき出した今日この頃の YANASE がお送りしました。

store information————————
SUN HOUSE
ADD; 〒110-0005 東京都台東区上野6-9-5 清光ビル1F
TEL; 03-3831-3801
HomePage; http://hinoya-ameyoko.com/sunhouse/index.html
Facebook; https://www.facebook.com/sunhouse.ueno
Twitter; https://twitter.com/sun_house

HINOYA
HomePage; http://hinoya-ameyoko.com/hinoya/index.html

2014年春夏のお取扱い————————
≪MENS≫
  

 

≪LADIES≫
  

 

スポーツマンシャツのススメ

シャツを着ている男性が好きです。

突然の告白で恐縮ですが、そういう女性は多いはず。

とはいっても、男性にとってシャツは、ユニフォームだったり、仕事着だったり、
ほとんどの男性が1枚は持っているであろう、本当に定番のアイテム。

「みんな着てるじゃん!」

いえいえ。
違うんです!!

着ているほうに色々なこだわりがあるように、見ているほうにも実はこだわりがあったりします。
かくいう私も、シャツ男子好きの一人。

私は特に、“スポーツマン”のシャツ姿が大好きです!
普段チームのユニフォームを着ている方が、突然シャツ姿になったときなんかには、もうドキドキが止まりません。

例えばこんな風に・・・

スポーツで焼けた浅黒い肌。
ハニカミ笑顔の真っ白な歯。
そこに、ブルーのシャツが映え、爽やかさ満点!!

スポーツをやっていた、もしくは現在もやっている方にとっては、
ご自身の体型になかなかフィットしてくれないシャツも多いのではないでしょうか?
そんな方にはぜひ、スポーツマン向けに作られた「ATHLETIC FIT(アスレチックフィット)」がオススメです!

ちなみに写真のスタッフ着用はATHLETIC FITのSサイズ。
こちらのスタッフは細マッチョ体型ですが、
例えば、日本投擲代表、室伏広治選手並みの強靭な体格のスポーツマンの方。
そんな方には首回りや胸回り等、シャツが少し窮屈に感じることもあるかもしれません。
ATHLETIC FITは襟も開襟タイプで、身幅も広いボックス型のシルエット。
全体的にゆったりとしたモデルで、着心地も、動きやすさも抜群です!
トランクショーでもよくご要望を頂く人気モデルでもあります。

どんな生活スタイルの方にもフィットするシャツモデルが揃っているのも、カスタムメイドが強いシャツ専門メーカーならでは。
是非ご自身にぴったりフィットするモデルを探してみてください。

やっぱり男性がシャツを着ると、清潔感、きちんと感、頼もしい感が倍増します!
春もうららかで外出日和が続くこれからの季節、
次のデートには、爽やかなシャツスタイルでのコーディネートをご提案いたします。

Shimamura

Page 10 of 14« First...89101112...Last »