INFORMATION & COLUMN

待望のレディーストランクショー

季節はすっかり秋めいてきて、朝晩は大分涼しくなりました。
秋の到来とともにあらゆる欲が解放され、
最近の私は物欲と食欲の波にのまれ日々葛藤しております。

職業柄最近はもっぱらシャツというとインディビのシャツばかりだったのですが、
先日、「たまには他のブランドのシャツも着てみようかな」と思いたち、
ちょっと気に入ったシャツを見かけたので試着をしてみたのですが、
なんと肩のサイズが合いません。
私は身長の割に肩幅が非常に狭いです。
そのために、大抵のシャツは肩幅がネックになって綺麗に着ることができず、
かつてはシャツ自体を敬遠していました。

5年前、初めてINDIVIDUALIZED SHIRTSをサイズを採寸してもらいながら
個人オーダーしました。
…..届いたシャツを着て、驚きました。
いつも飛び出していた肩のラインはぴったりと自分の肩幅に収まり、
バストやウエストのフィット感も丁度良く、袖丈もきっちり。
ぴったりと私の身体に沿うようにサイジングされ
初めてシャツというアイテムの魅力を実感した瞬間でした。

その後は憑りつかれたように何枚もインディビのシャツを作り、
シャツが苦手だった私が、気が付いたら今では30枚以上を所持するまでに至っています。

シャツって、サイズがぴったり合うと本当に万能なアイテムです!
どんなボトムスにも合わせられるし、どのような気候でも応用が利く。
もはや生活の道具の一部といっても過言ではないと思います。
女性は男性に比べて身体の凹凸がはっきりしているので、シャツを苦手とする方も多いと聞きます。
そんな方にこそ、シャツのオーダーを、是非!オススメしたいです!

本日は、今まで私がオーダーをした多くのシャツの中から、
最近のお気に入りを3枚ピックアップしてご紹介いたします。

まずはこちら。

シーアイランド

少しクリーンな雰囲気にしたかったのでフロントの仕様は「フレンチフロント」に。
少しゆとりを持たせたかったので、ウエストのシェイプは「―2インチ」に設定しました。
(通常は―4インチのシェイプが入っています)
襟型は「JAN(ジャン)」という程よい大きさの襟を選んでいます。
生地はSea island Chambray(シーアイランドシャンブレー)。
少し光沢感のある薄手の生地で、光の当たり具合により表情が変わるところがお気に入りです。
デニムに合わせてもカジュアルすぎない、私にとっての万能選手です。

お次はこちら。

ストライプ

ボディのサイズ感は通常店頭でも見かけるサイズ感をそのままに。
こちらはスカートやパンツにインするアイテムとして着たかったので、
ウエストの絞りは―4インチのままにしました。
ウエストにシェイプが効いているので、女性らしく着用することができ、
インした時にも変なダボつきがなくスッキリと着用することができます。
襟は小襟にしたかったので「ROBIN(ロビン)」という襟を採用。

IMG_4556

こちらの襟は先端が丸くなっているのですが、かと言って丸すぎて甘くなりすぎるということも無く、
意外とスッキリとしたシルエットを実現してくれます。
定番のストライプに少しニュアンスを入れたかったので、襟のみクレリック仕様
(見頃とは違う白い生地を使った使用にすること)を選びました。

最後はこちら。

白リネン

今までのシャツとは違い、かなりの変形型。
見頃は極限まで広く、アームはドルマンスリーブのような広がりで、
まるでムササビのようなシルエットが特徴です。

チュニックシャツ

こちらは、元々ある「Work One Piece(ワークワンピース)」というスタイルを元に、
さらに着丈をチュニック丈にアレンジしてみました。
可愛くなりすぎないよう、カフスは少し角ばったデザインのものを選んでいます。

IMG_4558

細身のパンツやショート丈のボトムスと相性が良く、ガボッとしたシルエットが可愛いチュニックシャツです。

このように、サイズ感やアレンジの仕方は無限大!
毎年各地で開催しているトランクショーでは、数ある生地・襟型・カフス型の中から好きなものを選び、
自分の希望のサイズに合わせて想いの通りのシャツを作ることができます。
シャツらしいシャツを作るもよし、シャツの原型を超えた自分オリジナルのアレンジシャツを作るもよし、
組み合わせ方によって様々なシャツを作ることが可能です。
500種類もある生地の中から、自分の好きな生地を選び、パーツを組み合わせていくワクワク感はやみつきになりますよ!

生地選び

この度、原宿のレディースセレクトショップ「la jeune Boutique」にて
トランクショーを開催することが決定しました!
レディース店舗でのトランクショーは非常に珍しいので、女性の皆様にとっては絶好の機会かと思います。
シャツのオーダー会とはどんなものか、一見の価値ありです。

是非ご自身のファッションライフにぴったり合うシャツを作ってみてください!

la jeune Boutiqueのトランクショーの詳細についてはブログからご覧頂けます。

レディース店舗でのトランクショー、遂に来週からスタートします!
楽しみにまっていてください!

Shimamura

banner
la jeune Boutique HP
la jeune Boutique facebook
la jeune Boutique instagram

秋冬シーズン到来

今週から9月に入り、夜はだいぶ涼しくなってまいりました。
この時期は店頭に秋冬の新作が並び、お店を見て回るのがとても楽しく感じます。
今の店頭を見ると“スニーカー”の復刻もの、別注ものを展開しているお店が多く、秋冬ファッションも引き続きスポーツがテーマになるのではないかと思っております。
このコンバースの復刻、気になります。

そしてINDIVIDUALIZED SHIRTSでも秋冬のデリバリーが始まっております。

秋冬おすすめアイテムを使ったコーディネートを提案したいと思います。

__ 4

秋冬はジャケットやタイをカジュアルに落とし込むスタイルが、気になります。

__ 3

ハットをキャップに、チャッカブーツをスニーカーに変えるだけで、前述のスポーツをテーマにしたコーディネートにもなります。
※あるいは映画監督風スタイルにもみえますが、、、

コーディネートに使用しているシャツは私がカスタムオーダーをしたシャツになります。
生地はHERITAGE CHAMBRAY/J81BCOを採用。INDIVIDUALIZED SHIRTSでは定番として展開している生地になります。

__ 2

衿型はボタンタブカラーを採用(INDIVIDUALIZED SHIRTSでは5S BUTTON TABというコードがついています)
タイを締めたときに襟元がキュッとした表情がとてもよく見えます。

__ 1

ポケットはBUTTON THROUGH POCKET(コードはBです)を採用、更に通常では展開してない両胸にポケットを付けているスタイルを採用しています。
オーダーの際に『ワークシャツをドレスに着る』をテーマに作成したので、ワークシャツに近いディティールを採用しました。

そして9/18(木)からはLA JEUNE BOUTIQUE/ラジュンヌブティックで、レディース店舗初となるトランクショーが開催されます。
上記で紹介している、衿の仕様替え、ポケットを両胸に付けたりといった仕様の変更ももちろん可能ですし、生地もレギュラー展開以外のもの(約500種類!)からお選びいただけます。

banner2

レディースのショップでの開催は初めてで、大変貴重な機会になります。是非ラジュンヌブティックにお越しください!

YANAGI

“ヒップな生活革命”

こんにちは。

今回は最近読んだ本の中を1冊紹介したいと思います。
先日の海外出張で、一緒に同行したスタッフが買った本を
借りたのですが、題名にもある “ヒップな生活革命” と言うタイトルで
著者はNY在住の佐久間裕美子さん。実はNYで僕も何度かお会いして
いるのですが、佐久間さんはNYでライターとして活躍されていて、
ファッション業界にも非常に精通していて、アメリカの有名デザイナーなどにも
数多く取材をしています。

写真

ファッションの業界で認知されているアメリカの色々なムーヴメント。
エースホテル、サードウェーブコーヒー、メイドインUSAの復興、リカーストア
シャイノラ、ベストメイドなどなど表面的には理解していてもなぜこうした文化
が生まれたのか?と言う過程が抜け落ちてしまいますが、それをこの本で知る事が出来ます。

是非読んでみて下さい。

HOSAKA

Beauty&Youth 大丸心斎橋店 トランクショー

また暑い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか?

今回もトランクショー開催のお知らせをしたいと思います。今度は関西!

明日、8月22日(金)~8月29日(金)まで

大坂・心斎橋にあるBeauty&Youth 大丸心斎橋店で開催致します。

心斎橋駅からも直結していて、とても行きやすいロケーションです!

関西の皆さま、是非心斎橋までお越し下さいませ!

UA1

UA2

UA3

——————

Beauty&Youth 大丸心斎橋店
〒542-8501
大阪府大阪市中央区心斎橋筋1-7-1 大丸心斎橋店 北館 2F
TEL 06-6241-5512
HP http://www.beautyandyouth.jp/shop/bss.html
BLOG http://www.beautyandyouth.jp/news/2014/08/individualized-shirtstrunk-show-3.html

——————

Kato

My summer memories.

夏になると思い出す、ある1本の映画があります。

皆さんは『Dances with Wolves 』を観たことはありますか?
アカデミー賞やゴールデングローブ賞、その他様々な国際的映画賞を受賞したこともあり、
とても有名な映画なので耳にしたことがある方も多いのではないかと思います。

dances with wolves

私は大学時代アメリカ文化を専攻していたこともあり、初めて授業でこの作品を観ました。

その時季節が真夏だったことが関係しているのか
はたまた劇中土壌でのシーンで舞い上がる砂埃が夏を連想させるのか
とにかく参考資料として何度も見返したので毎年夏になると思い出すのです。

3時間超えの超大作で西部開拓時代の南北戦争を主とした話となっており
アメリカ軍中尉とネイディブ・アメリカンであるスー族の交流を描く、という内容なのですが
当時の時代背景や心情が描かれ何より景色がとても素晴らしく、たいへんに見応えのある作品です。

永遠に続くのではないかと錯覚するほどの広大な大地、
力強い地響きを轟かせるバッファローの大群、
完璧なる静寂と交互に訪れる自然の響き。
壮大なスケールの中で主人公はしだいにスー族の女性に惹かれてゆき
やがては民族の壁を超えて結ばれます。
言葉の壁をもものともせず、互いに調和しスー族として暮らす決意をするのですが、
そこまでのシーンも感動的で、その後ぶつかる至難にも色々と考えさせられるものがあります。
民族とは。人間とは。
多くの発展があり国境のなくなりつつある現代を生きる私たちだからこそ、
かつて起こった様々な出来事を振り返り、考えなければならない問題かもしれません。

こちらの作品にも描かれている時代背景の1869年にはアメリカ初の大陸横断鉄道が開通し
いよいよアメリカが大きく成長していく、という発展の時代ですが
なんと、インディビジュアライズド シャツの2014年秋冬のフランネルチェックの生地も
1869年当時の生地のアーカイブから柄を復刻した生地となっております。
1869年というと、今から145年前。
かなり古い時代の柄で、とても雰囲気のある仕上がりとなっております。

id_for_4aw

程よくヴィンテージ感の感じられるとても味のある柄ばかりです。

まもなく各店頭でこちらの生地をご覧頂けるかと思います。
どうぞ、楽しみに待っていてください!

そして、まだまだうだるような暑さが厳しいこの時期、
涼しいお部屋の中での映画鑑賞をオススメいたします。

Shimamura

ILLMINATE トランクショー

こんにちは。
今日はトランクショー開催のお知らせをしたいと思います!

明日、8月9日(土)~8月17日(日)まで
東京・渋谷にあるセレクト&ヴィンテージショップ”ILLMINATE”でトランクショーを開催致します。
今回はILLMINATEで展開されている、MADE IN ENGLANDのシューズ”ILLMINATE SHOES SUPPLY”の
プレオーダー会も、同時に開催致します。
詳細が気になる方は、是非こちらをご覧になってみて下さい!

ILLMINATE blog “ILLMINATE TRUNK SHOW”のお知らせ

ILLMINATEといえば、知る人ぞ知る渋谷の名店ですが、
先日発売になった雑誌”THE DAY<2014 SUMMER ISSUE Vol.6>“でも、特集がされていました。

__

店長の渋谷さんの思いが伝わる、いい記事でしたので、是非一度手に取って読んで頂ければと思います!
お盆のお休みは、渋谷までお越し下さい~!

——————

ILLMINATE
〒150-0041
東京都渋谷区神南1-7-8 豊産ビル3F
TEL 03-5458-9211
HP http://illminate.com/
BLOG http://ameblo.jp/illminate

——————

Kato

&Premium掲載

メンズ・レディース,年齢層・ジャンルも様々に細分化されている雑誌やウェブなどの媒体。
日ごろよりたくさんの媒体でINDIVIDUALIZED SHIRTSを掲載して頂いておりますが
今回は少しいつもと違った切り口で掲載して頂きましたのでご紹介させて頂きます。

通常、雑誌にご掲載頂く際はクレジット部分にブランド名や会社名と共に
価格が記載されるのですが、企画や状況によってはスタイリストの方や編集部の方々が
“私物”のINDIVIDUALIZED SHIRTSを紹介してくださる事があります。

『 &Premium 』8月号 “スタイルを持つ、ということ。”
という号で、スタイリストの岡尾美代子さんが、
私物のINDIVIDUALIZED SHIRTSをご紹介して下さいました。

20140807

201408072

INDIVIDUALIZED SHIRTSは“白シャツ”と言っても様々なパターンをお作りする事が可能です。
流行に左右されない、シンプルで無駄のない白シャツを、是非一度着てみて下さい。

Masuda

襟型バリエーション

皆さま、暑い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか?
冷夏と聞いていたのに、例年通りのこの暑さ!!!熱中症には気をつけたいところです。

さて、もうすぐ夏休みの方も多いかと思います。
皆さま、そろそろ色々と遊びに行く計画を立てているのではないでしょうか?
INDIVIDUALIZED SHIRTSでは、また8月より各地のお店様のところでトランクショーを開催させて頂く予定です!
随時情報をUPしていきますので、是非、この機会にお越し下さませ!

そこで今回は、トランクショーでオーダーできるシャツの衿型について話たいと思います。
ボタンダウンのシャツが定番となっているINDIVIDUALIZED SHIRTSですが、
実はその型以外にも豊富に種類を取り揃えています。
その数、40種類以上!ボタンダウンだけでも10種類以上の型がございます!
使用できる衿型は、一部ですがHP上でもご覧頂けます。

http://www.individualizedshirts.jp/trunkshow/

ここで、個人的におススメな珍しい衿型をご紹介いたします。

■UNDER BD/隠しボタンダウン

__ 4

__ 3

パッと見は普通のレギュラーカラーですが、実は裏側がボタンで留められるようになっています。
少し開き気味になってしまうレギュラーカラーですが、このボタンで留めることによって、
綺麗な衿のラインを維持したまま着ることができます。

■ROUND COLLAR BD/丸衿のボタンダウン

__ 1

__ 2

こちらは、衿先が丸くラウンドしている型にボタンダウンを施しています。
あまり市場では見かけない、ユニークな衿型です。
横からの見え方が、とても綺麗な衿型だと思います。

この他にもまだまだ珍しい衿型がございます。
定番のボタンダウンもいいですが、たまには遊び心のあるチョイスも面白いと思います。
ぜひお試しください!

Kato

パッキング

こんにちは。
本日はアメリカ、オレゴン州ポートランドよりお届けしております。

先日まではニューヨークで展示会の視察、本日は移動してポートランドの町を視察してまいりました。

image

image

image

DIY発祥の地と言われている、ポートランド。
時間がゆっくりとしていて、非常に過ごしやすい町だと思いました。
次はもう少し滞在時間を増やしたいと思います!

そして、出張の時に皆様必ず行うのが荷物のパッキングだと思います。

私がパッキングの際に重宝しているのが、こちら。

image

ロイヤルメールのレターバッグです!(赤がファーストクラス、緑がセカンドクラス用になります。)

A4が入るサイズと、中が見える仕様なのが仕分けの際非常に便利です。

INDIVIDUALIZED SHIRTSもこの通り。

image

ぴったりと収まります。
生地の厚さにもよりますが、5枚くらいは余裕で入ります。

旅の際のパッキングとして、参考にしていだけたら幸いです。

蛇足ですが、ニューヨークではラーメンが非常に流行しておりました。
何店舗か食べたのですが、その中でも秀ちゃんラーメンが美味しかったです。
ニューヨークに行く用事ある方は是非お試しください。

image

YANAGI

Sweetie Classic American

季節はいつの間にか7月に突入し、気温は一気に30℃超えの日々が続いております。
今年は冷夏と聞いていましたが、既にその予測を信じることができず
迫りくる猛暑を前に既にノースリーヴシャツばかり着用しています。

以前もご紹介したこちらのノースリーヴシャツ、

photo_a
色々なボトムスに合わせてスタイリングができ、何より熱い夏を乗り切るおしゃれなアイテムとして本当にオススメです!

さて、本日はそんなHOTな初夏に、アメリカン・クラシック・スウィーツのご紹介を。
いくつかの某有名米ドラマの劇中にも登場し、女性から絶大な人気を誇るアメリカはニューヨークシティーの『MAGNOLIA BAKERY』!!

マグノリアベーカリー

女子の憧れスウィーツのお店が、遂に先月下旬、日本に初上陸しました!

http://www.magnoliabakery.com/

MAGNOLIA BAKERYは、1996年、ニューヨークのウエストヴィレッジの小さな小さな一角に
クラシック・アメリカンな焼き菓子のお店を提供するお店としてひっそりとオープンしました。
現在ではニューヨークの他にロスやシカゴなど、アメリカのいくつかの都市で展開をし、
世界的にも広まりつつある注目のスウィーツ店です。

普段は和菓子派な私ですが、小さい頃から外国の文化に憧れていた自分にとって、
もはや激甘な味は関係なくただただこのスウィーツ達を眺めているだけで夢見心地な気分です。
子供の頃映画で見て憧れたクラシック・アメリカンの世界。
カラフルでポップなスウィーツ達はもはや雑貨のよう。

アイスクリームやチョコレートと違って真夏のカンカン照りの中でも溶けづらいので、
夏のお土産としても大活躍すること間違いなしです。

スウィートなニューヨーカー気分で元気に夏を乗り切りましょう!

Shimamura