INFORMATION & COLUMN / information

2014年3月11日

東日本大震災から3度目となる今日、3月11日。
3年という月日を過ぎてなお、ご家族・ご友人・故郷を失った皆様の悲しみが癒えることはないとないと思います。
改めてお悔やみ申し上げます。  

ファッションという付加価値を提供している企業として、社会に貢献できるものは何か?
社会に必要とされる価値は何か?を真摯に見つめ、これからも社員一同努力してまいります。  

また、インディビジュアライズド シャツという一つの小さな価値が、日本とアメリカの人々に
ファッションだけでない文化の理解・交流そして幸せの架け橋となれないか・・を信じ、
これからも全社を挙げて取組んでまいります。  

私事ではありますが、一人の日本人として駐留アメリカ軍を初めとする多く人々の救援・援助活動、
そして、アメリカ本土においては小さな子供たちを含めた多くの方々の募金・援助活動にも改めて
感謝すると共に、石巻の万石浦小学校で英語指導員として子供たちへの英語教育だけでなく、
アメリカと日本の架け橋としてご活躍され、若干24歳の若さで津波の犠牲となった
テイラー・アンダーソンさんへ・・・心よりご冥福をお祈り申し上げたいと思います。 

インディビジュアライズド シャツ日本総代理店
株式会社 メイデン・カンパニー
代表取締役 加藤 東太

為替変動に伴う価格改定のお知らせ

日頃より当社輸入代理店ブランド、米国インディビジュアライズド シャツ社
商品へのご愛顧心よりお礼申し上げます。

この度、一昨年より進んでおります急激な為替変動に伴い一部定番商品に
関して2014年春夏より価格改定をさせていただく事となり、
本リリースにおいてご報告申し上げます。

これを機に、さらなる品質の向上及びサービスの向上に努めて参る所存で
ございますので、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

インディビジュアライズド シャツ社 輸入総代理店
株式会社 MAIDEN COMPANY

2014年春夏インディビジュアライズド シャツ

2014年春夏インディビジュアライズド シャツ…
随時HPでは新商品の情報は更新の予定ですが、今年も素敵なファブリックが充実です。

基本はアメリカ本国のカスタムメイドで使用されている品質の高い生地が中心ですが、
今年もビンテージファブリックのアーカイブの中から厳選した復刻ファブリックは素晴らしい出来上がりです。

アメリカ本社の生地選びのスタンダード(選択基準)は非常に高く、特に生地品質のスタンダードでは厳しい基準を設けています。シャツテイラーの誇りとして、ラグジュアリーシャツメーカーとしての責任、そして着て頂く顧客のステータスを守るために最も重要な着心地、肌触りを実現するためには生地の品質に妥協する事はできません。
リーマンショック等でアメリカ国内の景気が低迷した時期でも、安いだけの質の低いファブリックは使用しませんでしたし、ほとんどの生地が世界のTOPファブリックメーカーから調達したものです。復刻ファブリックに関しても同じく、100年前の生地を忠実に再現しながらもアメリカの老舗生地ベンダーと協業で品質の高い素晴らしい生地を創り上げています。やはり、アメリカ製紳士服の提供にこだわる企業として当然の事ではありますが、頑な姿勢を守る努力には感銘します。

今日紹介の写真は1920年代前後(10年単位の前後)ではないか!?というポートレイト写真です。20年代前後のブルックス・ブラザース スタッフのポートレイトのようです。尊敬するファッションライターさんに紹介して頂いた写真で正確な年代・詳細の情報が少ないようです…(すみません!)

この写真を見て感じたのはアメリカ、そして紳士服の歴史…この人たちの子供、孫、曾孫が現在のアメリカの紳士服を継承し、私たちに受け継がれていると考えると、歴史ある海外ファッションの奥深さ・魅力、そして現代にも継承され続ける「良品」を着る事の楽しみが更に沸いてきます。

個人的な感傷はともかく!
単純ですが・・・お洒落です。


 
まだまだ寒い時期が続きます。
春先までインディビジュアライズド シャツでジャケットスタイルを楽しんで頂ければ…

インディビジュアライズド シャツ 総代理店
MAIDEN COMPANY 代表 加藤 東太

新年あけましておめでとうございます。

2014年、明けましておめでとうございます!!

旧年中はひとかたならぬご愛顧にあずかり、誠にありがとうございました。

皆様はどのような年末年始を過ごされましたか?

アメリカではクリスマスから新年までが休暇となり、2日から始業する企業も多いようです。

そんなアメリカのお正月の過ごし方ですが、
12月31日は皆でNYタイムズスクエアの「ボールドロッピング」の放送を見てカウントダウンをし、
“Happy New Year!”の挨拶の後、沢山のKiss&Hugとともに夜通しパーティーをしたり、思い思いの夜を過ごします。

そして、1月1日は家でゆっくりとアメリカンフットボールの試合を観戦する、というスタイルが主流のよう。
「ローズボウル」(全米カレッジアメフト王座決定戦)等のボール・ゲームから新年がスタートします。
(「ローズボウル」は最も古いボール・ゲームだそうです!今年はミシガン州立大学が勝利しました。)

日本では箱根駅伝から新年がスタートとなりますので、
大学生の熱き戦いから新年がスタートするという点は共通していますね。

学生たちの熱き想い、
その想いと想いがぶつかりあった白熱した戦いは、
見る人をも奮い立たせ、自然と情熱を思い起こさせられます。

多くの涙
多くの笑顔
悔しかったり、嬉しかったり
様々な想いが錯綜する中
挫折や葛藤、素晴らしきチームプレイで
色々なドラマが垣間見え、新年早々晴れやかな気持ちになれるものです。

土地は違えど、新年を迎えるにあたっての心構えは万国共通。

本年もより一層素晴らしいINDIVIDUALIZED SHIRTSを皆様にお届けできるよう、アメリカ本国・国内スタッフ共に誠心誠意努めてまいります。

本年もINDIVIDUALIZED SHIRTSを宜しくお願いいたします。

Shimamura

Page 2 of 212