INFORMATION & COLUMN

2014年春夏インディビジュアライズド シャツ

2014年春夏インディビジュアライズド シャツ…
随時HPでは新商品の情報は更新の予定ですが、今年も素敵なファブリックが充実です。

基本はアメリカ本国のカスタムメイドで使用されている品質の高い生地が中心ですが、
今年もビンテージファブリックのアーカイブの中から厳選した復刻ファブリックは素晴らしい出来上がりです。

アメリカ本社の生地選びのスタンダード(選択基準)は非常に高く、特に生地品質のスタンダードでは厳しい基準を設けています。シャツテイラーの誇りとして、ラグジュアリーシャツメーカーとしての責任、そして着て頂く顧客のステータスを守るために最も重要な着心地、肌触りを実現するためには生地の品質に妥協する事はできません。
リーマンショック等でアメリカ国内の景気が低迷した時期でも、安いだけの質の低いファブリックは使用しませんでしたし、ほとんどの生地が世界のTOPファブリックメーカーから調達したものです。復刻ファブリックに関しても同じく、100年前の生地を忠実に再現しながらもアメリカの老舗生地ベンダーと協業で品質の高い素晴らしい生地を創り上げています。やはり、アメリカ製紳士服の提供にこだわる企業として当然の事ではありますが、頑な姿勢を守る努力には感銘します。

今日紹介の写真は1920年代前後(10年単位の前後)ではないか!?というポートレイト写真です。20年代前後のブルックス・ブラザース スタッフのポートレイトのようです。尊敬するファッションライターさんに紹介して頂いた写真で正確な年代・詳細の情報が少ないようです…(すみません!)

この写真を見て感じたのはアメリカ、そして紳士服の歴史…この人たちの子供、孫、曾孫が現在のアメリカの紳士服を継承し、私たちに受け継がれていると考えると、歴史ある海外ファッションの奥深さ・魅力、そして現代にも継承され続ける「良品」を着る事の楽しみが更に沸いてきます。

個人的な感傷はともかく!
単純ですが・・・お洒落です。


 
まだまだ寒い時期が続きます。
春先までインディビジュアライズド シャツでジャケットスタイルを楽しんで頂ければ…

インディビジュアライズド シャツ 総代理店
MAIDEN COMPANY 代表 加藤 東太